佐藤きりんウッドベース

 

佐藤きりん(さとうきりん)

 

1977年、大分県生まれ。
広島大学総合科学部修士課程修了。哲学を学ぶ。

ジャズミュージシャンを志し、2003年東京に移住。
オーソドックスなジャズ演奏に親しみながらも、
枠にとらわれない、自由な活動を展開。
作詞、作曲も手がける。

2004年、森丘裕希(p)・海老澤幸二(ds)と、ピアノトリオ「w.a.p’s」を結成、
「wap’step」を録音。西日本ツアーを行う。
2007年、杉丸太一(p)のバンド「p-4k 」に参加、ファーストアルバム「In a special way」をリリース。現在までに5枚のアルバムをリリースし、2009年から台湾ツアーを3年連続敢行。
2009年、自己のバンドgirafeのファーストアルバム「朝のきりん」リリース。
CD発売記念「きりんにのってツアー」を行う。
2014年、girafeセカンドアルバム「春のスケッチ」リリース。大分・富山・東京でのリリースライブにのべ300人近く動員する。

また、2006年から、コーラスグループJammin’Zebのサポートバンドで、コンサート、Jazzフェスティバル(JVC Jazz Festival, Java Jazz Festival,銀座Jazz Festival他)、レコーディング等に参加。現在も安定したサポートを続けている。

過去の共演者:
Jammin’ Zeb(cho)、SUITE VOICE(cho)、三槻直子(vo)、日野皓正(tp)、坂田明(sax)、井上信平(fl)、松島啓之(tp)、山口真文(sax)、三木俊雄(sax)、市川秀男(p)、黒田京子(p)、福田重男(p)、つのだ☆ひろ(vo,ds)、岩瀬立飛(ds)、ジーン重村(ds)、外山明(ds)、渡辺裕之(ds)、Horacio Hernandez(ds)、宮崎信義(g)、赤松敏弘(vib)、はたけやま裕(per)、他。