[未知なもの] きりん俳句日記:花びら浮かべ

佐藤きりん

花のまま落ちた桜を妻が拾ってきて水に浮かべた。
ただそれだけのものなのに、揺れる影や光の変化にいつまでも見飽きない。
美しいものは身近にあるんだ。

 
白磁器に花屑浮かべテレワーク きりん

 

前の記事:
次の記事: