[未知なもの] N0.18 無題 2008 年 12 月 30 日 火曜日

亀を飼っていた
いまでも亀を飼っている
あつい・・・
もう夏だ


[未知なもの] No.17 一年を振りかぶって 2008 年 12 月 29 日 月曜日

一年を振りかぶってぇ~、
なげたっ
うった!
たかい、
のびる、
ホームラン!


[未知なもの] No.16 無題 2008 年 12 月 7 日 日曜日

黒ごまが
世界記録に
とどかない


[未知なもの] No.15 そらを飛んでいるときは 2008 年 12 月 1 日 月曜日

しずかに忘れ去られてゆくものが
永い時のトンネルをぬけて
あたらしく生まれることがある
ジャカルタ行きの飛行機のうえで
わたしはそんなことをかんがえていた

ひろがってゆくからだ
ぶちぶちの
くらげのように

わたしは知らないのかもしれない
わたしはいない
あなたがいて
わたしのいない世界だけが
どこまでもあかるく
つづいてゆくということを


[未知なもの] No.14 無題 2008 年 11 月 14 日 金曜日

今度の土曜日、
紅葉を
見に行こうよう


[未知なもの] No.13 おく しお 2008 年 11 月 11 日 火曜日


結晶
なとら なとり
小豆 あずけた あげまんじゅ

大福
小学校
かつら かついで 初鰹
こんど またこんど
といって またこんど
美味美味
まんじゅしゃげ
そうれ、
そうしてあんたは羽根を打つ

おく しお


[未知なもの] No.12 生姜 2008 年 11 月 10 日 月曜日

通りを歩いていたら
道ばたに生姜が落ちていた。
この街はわたしらに、
どんな鍋を
ふるまおうというのか。
首筋をこがらしがふきぬける
もう秋だ…


[未知なもの] No.11 長葱再び 2008 年 11 月 6 日 木曜日

長葱は好きだ。
だが、
長葱に一生を捧げるわけにはいかない。


[未知なもの] No.10 はちみつクロスオーバー 2008 年 11 月 1 日 土曜日

居酒屋で、
「はちみつクロスオーバー」
と注文する声。
なんだろうとおもってメニューを見たら、
「蜂蜜黒酢ソーダ」
だった。
もう秋だ…


[未知なもの] No.9 あるく 2008 年 10 月 30 日 木曜日

あるく。
60分。
小さなジョギングコースを2km。
畑を、家々をすりぬけてゆく小川のように。
人と、
ネコと、
自転車が走る。

秋桜の朱。
横断歩道をわたり、
銀杏並木をぬけると
道はとつぜん途切れる。
また、2km。
公園まで
あるく。
背後で風がふいた



次ページへ »